モドリッチの性格、人柄は?プレイの特徴や凄さ、ポジションなども紹介!

   

ロシアW杯の準決勝「クロアチア対イングランド」はクロアチアが2-1で勝利し、決勝に進出しました!

激闘の末にクロアチアが延長戦を制したということでかなり凄い試合だったみたいですね。クロアチア選手で重要な役割を担っていると言われているのがモドリッチ選手です。

クロアチアの中軸として攻撃の起点となり、ここまでのクロアチアの快進撃を支えてきたモドリッチ選手。どんな選手なのか知らなかったのでその性格や人柄、プレイについていろいろ調べてみたので紹介していきます。

Sponsored Link

モドリッチのプロフィールは?

モドリッチ選手は1985年9月9日生まれの32歳です。見た目的にもう少し若いのかと思っていましたが、意外と年齢が高いですね。32歳だと今回がW杯は最後になるのでしょうかね。

身長は174cmで体重は65kgです。現在はレアル・マドリードに所属しています。ポジションはMFでクロアチア代表では2016年からキャプテンを務めています。

2010年ころからのクロアチア代表はモドリッチ世代と言われていて、代表での活躍が素晴らしいと言われているそうです。私は今回のロシアW杯ではじめてモドリッチ選手を知ったのですが、かなりすごい選手だったんですね。

モドリッチ選手はレアルに移籍してから3度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たし、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーにクロアチア人で初選出されたそうです。レアルでもクロアチア代表でも活躍しているということで凄い選手ですね。

モドリッチ 性格 人柄

モドリッチの性格、人柄は?

モドリッチ選手はクロアチア代表でもキャプテンをしているそうですし、人格的にかなりできた人みたいですね。レアルでも移籍してきた選手に声をかけてフランクに接して仲良くなるそうですし、性格はかなりいいみたいですよ。

同僚のベイル選手もモドリッチ選手について「性格がいい」と話しているそうです。ベイルがレアルに来たのはモドリッチがいたからというのもあったそうですし、仲間からの信頼もかなり厚いみたいですよ。

レアルの他のスター選手と比較するとちょっと地味と言われているそうですが、替えのきかない選手と言われていてチーム内でも重要な役割を果たしているそうです。

モドリッチ選手は練習に対しても非常に真面目で努力家という面もあるそうです。

モドリッチ選手は幼少期は難民キャンプで過ごした経験があり、祖父をセルビア軍に殺されるなど大変な状況をくぐり抜けてきたということでストイックさとかハングリー精神とかもすごいのでしょうね。

真面目で誠実でフランクな性格ということでチーム名とからの信頼も厚く、ファンからも愛される選手なんだそうです。

Sponsored Link

モドリッチのプレイの特徴、凄さとは?

モドリッチ選手はボランチとして活躍していて、チームの攻撃の起点となっているそうです。モドリッチ選手がボールを持つと前の選手が一斉に動いて、絶妙なパスによって試合が動いていくそうです。

長いパスも短いパスも制度が高くて、世界最高クラスのパサーともいわれているそうですよ。ボールコントロールもうまくて、アウトサイドの制度も高いということで動きも早く、モドリッチ選手によってチームが活性化していくと言われています。

守備も献身的に行っていて運動量も多いので他の選手の負担も減って、チームにとっての貢献度も非常に高い選手です。

 ムバッペの才能、成績、年俸がすごい!性格は良いやつor嫌なやつ?

モドリッチ選手の動画をYou Tubeでいろいろ見てみたのですが、パスも上手いしドリブルの切り返しとかコントロールも凄い本当にいい選手だなとおもいました。

こういう選手を見ていると日本代表の選手とはちょっとレベルが違うなと感じてしまいますね。ロシアW杯でのフランスとの決勝戦ではモドリッチが選手がどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

 - スポーツ , , , , , , ,