遠藤日向が進路を住友電工にして箱根駅伝を選ばなかった理由とは?

   

若手の陸上選手として東京五輪での活躍も期待されている遠藤日向選手。高校時代に素晴らしい成績と記録を残して進路も注目されていました。

遠藤日向選手は大学には進学せずに、住友電工の実業団に入りました。なぜ箱根駅伝を目指すことなく、実業団に入ったのでしょうか?

Sponsored Link

遠藤日向の経歴、プロフィールは?身長、体重は?

遠藤日向選手は福島県郡山市出身で、1998年8月5日生まれの19歳と非常に若い陸上選手です。身長は168cm体重は54kgと比較的小柄な選手といえます。

遠藤日向選手が陸上を始めたのは小学4年生のときです。お兄さんが陸上をしていて、その姿をみて陸上に興味をもち始めたそうですよ。

ちなみにお兄さんは遠藤清也さんといい、現在も実業団で陸上をしているそうです。兄弟で陸上選手ということでお互いに切磋琢磨して競い合っているみたいですし、素敵な関係ですね。

遠藤日向選手が注目を集めたのは高校からですが、中学の時から成績はかなりよく、全日本中学校陸上競技選手権大会とジュニアオリンピック陸上競技大会3000mで優勝したことがあるそうです。

記録も県中学新記録を樹立するなど中学時代から注目を集めていたそうです。福島県郡山市立郡山第四中学校を卒業後は学校法人石川高等学校に進学しています。

この高校時代の成績もかなりすごかったそうです。高校2年生から3年生の冬まで、同世代の選手相手に公式戦で負けなしで国体を三連覇、インターハイでも5000m日本人首位、1500mでも優勝と驚異的な強さで好記録を連発していたそうです。

3000m8分01秒95は日本人高校生の歴代1位の記録だったそうですし、1500m3分45秒58は日本人高校生歴代4位の記録でした。

このようにもすごい成績を残したということで一躍注目があつまり、遠藤日向選手の進路は多くの方に興味をもたれていました。

遠藤日向 進路 住友電工

遠藤日向が大学に進学せずに、実業団に入った理由とは?

大学に進学して、箱根駅伝などに出場するのではと予想されていましたが、遠藤日向選手は住友電工の実業団に入りました

住友電工の現監督である渡辺康幸さんから勧誘を受けたことで決めたそうです。この方は過去に早稲田の監督をしていて、大迫傑選手・竹澤健介選手といったオリンピックランナーを輩出した実力のあるかたです。

 松田瑞生の経歴、プロフィールは?出身中学や高校時の成績も紹介!

遠藤日向選手は箱根駅伝への憧れもあったそうですが、東京五輪を目指すためには駅伝の練習をするよりは実業団でマラソンの練習をするほうが近道だと考えて社会人ランナーの進路を選んだようです。

Sponsored Link

遠藤日向が目指す目標がすごい!

遠藤日向選手はオリンピックでメダルを獲得することを目標にしていて、そのためには東京五輪に出場し、オリンピックを経験して、その次のオリンピックでメダルを獲得するという目標をもっているそうです

東京五輪のときは22歳位で次が26歳くらいということなので、東京五輪の次に焦点をあわせているみたいですね。

マラソン選手のピーク年齢は20代後半から30代前半と言われているそうなので、ちょうど次の次のオリンピックにピークをもっていき、メダルを狙っていこうと考えているわけですね。

まだ19歳なのに将来をしっかり見据えていてすごいですね。

日々のトレーニングで体を作って、メンタルも強くし、技術も高めていけばオリンピックでのメダルも夢ではないと思いますし、頑張ってほしいですね。

 

 - スポーツ , , , ,