豊昇龍(朝青龍甥)の読み方、経歴やプロフィールは?出身高校はどこ?

   

大相撲については最近暗いニュースが多かったですが、今回は明るいニュースです。

元横綱朝青龍関の甥である豊昇龍が角界デビューを果たしたそうです。大鵬の孫である納谷との対決もあり、若手の力士の台頭に喜びの声があがっています。

2人とも大横綱の血縁者であり、実力もあるということで将来の横綱候補としても期待されていますし、こうした若手の台頭はうれしいですよね。今回は豊昇龍がどんな力士なのか紹介していきます。

Sponsored Link

豊昇龍(朝青龍甥)の読み方は?ほうしょうりゅう?とよしょうりゅう?

豊昇龍という名前を見たときになんて読むんだろう?とよしょうりゅうかな?と思ったのですが、調べてみると違いました。

豊昇龍の読み方は、「ほうしょうりゅう」と読むそうです。

師匠の立浪親方(元小結旭豊)の現役時の豊という字をもらい、叔父の朝青龍の「龍」の字をつけて、豊昇龍の四股名になったそうです。

けっこうかっこいい名前ですよね。

四股名ってどうやって決めるのかなと検索してみたところ、とくに制限はなく、親方や本人、後援者と一緒に決めることが多いそうです。

部屋の名前や師匠の現役時の名前から由来することが多いみたいです。あとは龍とか鵬のように縁起がいいと言われる字が使われることも多いようです。

他にも姓名判断とかで決める場合もあるみたいですね。相撲は神事としての性格もあるのでそういった験担ぎみたいなのも大事にすることが多いようです。

豊昇龍 読み方 経歴 プロフィール

豊昇龍(朝青龍甥)の経歴、プロフィールは?高校はどこ?

朝青龍の甥っ子ということで若い頃から相撲をとりまくっていたエリートなのかなと思っていたのですが、そうではなく、高校生になってから相撲を始めたそうです。

モンゴルではレスリングの経験があって、そのレスリングでスカウトされて日体大柏高校に入学したそうです。

高校1年生のときに授業の一環として相撲を見学して、そこで相撲に対する気持ちが一気に芽生えて、高校1年の夏から相撲部に入部したそうです。

叔父さんが偉大な横綱だったということで叔父さんである朝青龍にも相談して決めたそうですよ。甥っ子が自分と同じ相撲に進んでくれたということで嬉しかったんではないでしょうかね。

豊昇龍のプロフィールを簡単に紹介すると身長は185cm、体重が115kgということで痩せ型の力士(ソップ型)ですね。

ちなみに大鵬の孫である納谷の身長は188cm、体重は166kgということなのでけっこう体重差はありますね。
納谷幸之介の身長体重は他の力士と比較して大きい?将来は横綱に?

豊昇龍はまだ相撲歴が短いですし、これから体重をどんどん増やしていけば、筋肉とかもついて、力士らしい体になっていくのではないでしょうか。

Sponsored Link

豊昇龍(朝青龍甥)の経歴、プロフィールは?将来は横綱?

まだデビューしたばかりなのでどこまで活躍できるかは未知数な部分があるようですが、周囲の期待はかなり高いようです。

運動神経も抜群で近親者に偉大な横綱がいますし、相撲を始めてまだそれほど時間が経っていないなかでの適応力も高いということで期待する声は大きいようです。

実際にライバルの納谷とも初場所でいい勝負をしたみたいですし、2人の期待するファンは多いのではないでしょうか。痩せてて男前に見えるし、さらに筋肉がついていい体になればファンもさらに増えていきそうですね。

ちなみに師匠の立浪親方もイケメンでかっこいいと言われているみたいです。細身でガッチリした体型の力士はかっこいい人が多いし、豊昇龍もそうなるかもしれませんね。

豊昇龍には横綱目指して頑張ってほしいですね。

 

 - スポーツ , , , , ,