塚原千恵子は辞任、解任される?宮川選手へのパワハラの内容がやばすぎ?

   

体操協会と宮川紗江選手の対立がかなり深刻になっていますね。

宮川紗江選手は体操協会からパワハラを受けたと感じたということで会見を行いました。そのなかで女子体操の強化本部長である塚原千恵子さんからパワハラのような発言を受けたと明かしたそうです。

今回の件で世間は宮川紗江選手を擁護する声が多くなっていますし、塚原千恵子さんはちょっと苦しい立場になりそうですね。

Sponsored Link

塚原千恵子はどんな人?

塚原千恵子さんは元体操選手であり、1968年メキシコシティーオリンピックへの出場経験もあります。日本選手トップクラスの実力があり、全日本体操選手権の優勝経験などもあります。

年齢は1947年8月12日生まれの71歳です。夫はオリンピック体操金メダリストの塚原光男さんです。今回の宮川紗江選手へのパワハラ騒動では夫婦でパワハラしたのではないかと言われているようです。

体操界のレジェンドのような夫婦ということできっと権力とかもすごかったのでしょうね。現役を引退後はオリンピック体操チームのコーチなどを歴任していて女子体操の強化本部長をしています。

また、朝日生命体操クラブ女子チームの監督もしています。女子体操会の重鎮という感じなので権力とかもすごい持っていそうですし、一選手が逆らうことができないような感じなのでしょうね。

塚原千恵子 

塚原千恵子の宮川紗江選手へのパワハラの内容とは?

塚原千恵子さんは宮川紗江選手を部屋に呼び出して、いろんなことを言ったそうですが、その一部がパワハラではないかといわれているようです。

宮川紗江選手自身もパワハラと感じたと言っていますし、人格攻撃のような言われた方もしたようです。塚原千恵子さんは「速見佑斗コーチではダメと言い、私ならもっとうまく指導できる」ということを言ったそうです。

また、「このままだと五輪にでられなくなる」とも言われたそうです。また、自分が監督を務める朝日生命体操クラブ女子チームへの勧誘もされたそうです。

宮川紗江選手が今後も速見佑斗コーチの指導を受けたいと話すと、塚原千恵子さんは「家族でどうかしてる宗教みたいだ」ということを発言したそうです。

権力がある塚原千恵子さんのような人からこういうことを言われれば精神的なショックとかも大きいでしょうね。体操協会が暴力コーチを処分したことまでは良いと思いますが、やり方はちょっとまずかった気がしますね。選手ファーストでもっと選手の意見を聞くべきだったのではないでしょうか。

Sponsored Link

塚原千恵子が辞任、解任される可能性は?

塚原千恵子さんの発言によって宮川紗江選手がパワハラを感じたということなので、今後は塚原千恵子さんの進退問題にも発展していきそうですね。

最近のスポーツ界の不祥事をみるとメディアは上の権力を持った人間が退くまで追い詰めるパターンが多いですし、今回もそうなる可能性はありそうですね。今後の展開次第では塚原千恵子さんの辞任、解任の可能性もあるかもしれませんね。

宮川紗江選手と体操協会の言い分は食い違っている部分もあるようですし、この問題はけっこう長引きそうな気もしますね。

塚原夫妻はかなり大きな権力を持っているようですし、今後、ほかの被害者とかもでてくる可能性もありそうです。今後、どうなるか予想は難しいですが、選手ファーストで協会に問題があれば改革していってほしいですね。

 速見佑斗コーチの処分は重すぎる?厳罰の理由は体操協会との確執や陰謀?

東京五輪まであと2年ですし、選手のケアを最優先させて万全の状況で五輪に出場できるようにサポートしてほしいなと思います。

 - スポーツ , , , , , ,