臼井正彦の学歴、経歴、家族構成は?賄賂で逮捕の可能性もある?

   

文部科学省の局長による収賄事件が大きなニュースになっていますね。文部科学省の佐野太局長は自分の息子を医学部に入学させる見返りに学校法人東京医科大学に便宜を図っていたらしいです。

この便宜を図るように以来いしたのが学校法人東京医科大学の理事長である臼井正彦氏と言われているようです。臼井正彦氏がどんな人物なのか気になったので調べてみました。

Sponsored Link

臼井正彦の学歴、経歴は?

臼井正彦氏は学校法人東京医科大学の理事長ということなので相当な権力を持っているのでしょうね。東京医科大学医学部は偏差値が66.5あり、医師国家試験合格率が96%ということですごい頭のいい学校のようです。

これだけすごい学校の理事長ということなので経歴とか学歴とかもすごいのでしょうね。

臼井正彦氏は現在77歳で静岡出身で出身大学は東京医科大学となっているようです。出身中学や高校については情報がないようですが、きっと地元の名門校とかに進学していたのでしょうね。

1966年に東京医科大学を卒業したあと、同大学院に進学し、助手、講師などを歴任しています。1974年にはフランスのパリ大学オテルデュ病院眼科留学しているそうです。留学から帰ってくると東京医科大学で助教授、教授となり、名誉教授などを歴任し、2013年から理事長に就任しているそうです。

ずっと東京医科大学の重要な役職を歴任してきたということで生え抜きの先生ということですね。眼科の権威として本もたくさん出版しているそうです。

こういうすごい先生が不正を図ったというのは信じられないですが、大学のためを思ってやってしまったのでしょうかね。まだ事件の詳細は分かりませんが、残念なことですね。

臼井正彦氏 経歴

臼井正彦の家族構成は?

今回の事件で有名になってしまった臼井正彦氏ですが、あくまで一般人ということなので家族構成とかのプライベートな情報はネット上にはないようです。

年齢的には孫とかいてもおかしくない年齢だとは思いますが、そのあたりの情報も含めてネット上には情報がありませんでした。詳しい情報は分かりませんが、結婚はしていて奥さんと息子がいるみたいです。臼井正彦氏は過去にファミリー企業を作って問題になったこともあるそうです。

教員の兼職禁止規定に反して会社の役員になり、眼内レンズの販売をして14年で約2億円の利益を得ていたそうです。クリーンな人ではなくもともといろんな裏の顔があった人なのかもしれませんね。

Sponsored Link

臼井正彦は賄賂で逮捕される?

東京医科大学の臼井正彦氏には現在、捜査の手が及んでいるらしいので、今後、逮捕される可能性もありそうです。大学のトップが点数を捜査して不正を働いて、見返りを得ていたというのは大きな問題ですし、あってはならないことですよね。

逮捕については司法取引をして、大学側は免責されるのではないかとの見方もあるようです。不起訴の可能性もあるということなので臼井正彦氏が逮捕、収監される可能性は低そうですね。

 10円ピンポンは怪しいし危険?仕組み、意味は?登録がめんどくさい?

今後どうなるか分かりませんが、真相解明して、こういったことが二度と起こらないようにしていほしいですね。

 - ニュース , , , , , ,