本田圭佑は下手くそになった?理由は病気や怪我の影響?今後はどうなる?

   

ロシアW杯が始まりましたね。日本代表もこれから本番ということで徐々に盛り上がり始めていますね。

サッカー日本代表で最も知名度が高い選手といえば本田圭佑選手ではないでしょうか。

ただ、最近は調子がイマイチで本番でもスタメンは厳しいと言われているようですね。本田圭佑選手についてははネット上では下手くそとかいう意見もけっこうあるようです。

なぜ下手くそと言われているのか、下手になった理由など気になったので調べてみました。

Sponsored Link

本田圭佑は下手くそになった?

本田圭佑選手は1986年6月13日生まれの32歳です。日本代表の中心的な選手としてこれまでも大事な試合で活躍してきましたね。日本人ならサッカーに詳しくない人も本田圭佑選手のことを知っているというくらいに凄い選手ですよね。

しかし、最近は調子を落としているらしく、下手くそになったと言われているようです。たしかに昔のようなキレとか動きの良さはなくなってきましたね。

W杯の直前のスイス戦ではボールを失うことも多く、守備にもあまり積極的に動いていないということでチームの足を引っ張るような状態でした。

本田圭佑選手は日本代表として国際Aマッチにこれまで95試合出場し36得点をあげています。しかし、2017年、2018年と日本代表でゴールはなく、精彩を欠いたプレイが続いています。

ミランにいた2014年から2016年くらいまでは調子も良かったですが、そこからはちょっと実力が発揮できない状況が続いているようです。世界的トップクラスの実力があったのになぜここにきて急激に下手になってしまったのでしょうか。

本田圭佑 下手

本田圭佑が下手になった理由は病気や怪我?

本田圭佑選手といえば、フィジカルが強く、ボールのキープ力が高いという特徴があり、シュートやパスの精度も高かったですが、最近はそういう良さもなくなってきていますね。

その理由としては年齢による衰えとかもあるのかもしれませんね。30を過ぎると運動量とかも落ちて身体も弱くなりやすいみたいですし、コンディションの調節が難しくなるのかもしれませんね。

もちろん30過ぎても活躍している選手はたくさんいますので年齢だけではないと思いますが、年齢による影響もあるのではないでしょうか。

あとは本田圭佑選手はバセドウ病という甲状腺の病気に罹っていたことがあり、この影響が年齢以上に大きかったようです。バセドウ病によって筋力と体力が低下してしまい、この病気によってパフォーマンスが低下してしまったのではないかと言われているようです。

ほかにも怪我とかの影響もあって、実戦から遠ざかることが増えてきて、勘が鈍ったりしているのではないかという意見もあるようです。運動量が他の選手と比べて少ないし、フィジカルも弱くなっているので病気の影響が大きいのかもしれませんね。

Sponsored Link

本田圭佑は今後、引退する?

本田圭佑選手はロシアW杯後に引退するのではないかと言われているようです。これ以上サッカーを続けるだけの筋力とか体力とかはあまりないのかもしれませんね。

本人もいつまでも現役にこだわり続けるという気もないようですし、ロシアW杯後にすっぱり引退する可能性が高いのではないでしょうか。本田圭佑選手は経営者や実業家としても現在いろんな活動をしているようですし、引退してからもいろんな分野で活躍していきそうですね。

槙野智章の嫁(妻)との馴れ初め、結婚式、結婚指輪は?子供はいる?

病気の影響もありながらここまで日本代表を引っ張ってきたわけですし、本当に尊敬できる選手ですよね。ロシアW杯では悔いの残らない戦いをしてほしいですね。

 - スポーツ , , , , , ,