本田圭佑の引退時期はロシアW杯後?引退後は実業家として仮想通貨をやる?

   

ロシアW杯への出場が決まっている日本代表の本田圭佑選手。日本の中心的な選手として活躍が期待されていますが、最近では実力とかけ離れたビッグマウスで批判も起こっているみたいです。

昔は実力も伴っていてかっこよかったけど、最近はちょっとダサい感じもしてきましたね。

年齢的にもそろそろ衰えが見えてきましたし、引退も考える時期なのではないでしょうか。今回は本田圭佑選手の引退時期の予想などを調べてみました。

Sponsored Link

本田圭佑の能力は衰えた?

本田圭佑選手は1986年6月13日生まれの32歳です。「サッカー選手 ピーク年齢」でググってみたところ、運動量の多いFWは25から30くらいがピークではないかとの意見がけっこうありました。

肉体的にはこのくらいなると能力は落ちやすくなるみたいですね。

本田圭佑選手の日本代表でのここ数年の得点数をみると2015年は14試合出場10得点、2016年は7試合で2得点、2017年は5試合で0得点、2018年は4試合で0得点なっているので力の衰えがあるのかもしれません。

W杯直前のスイス戦では、本田圭佑選手は守備機会の回数がチーム最小回数で、ボールロスト回数がチーム最多という結果だったそうです。

守備もしないし、ボールも失いやすいということであまり結果が良くなかったということがデータとして証明されてしまったようです。運動量も判断力もピークのときよりはだいぶ落ちているのではないでしょうか。

本田圭佑 引退時期

本田圭佑の引退時期はロシアW杯後?

本田圭佑選手の実力が衰えてきているということでファンの間でも「引退したほうがいい」、「引退しろ」というような声も一部で上がっているようです。

また、週刊誌の報道では、ロシアW杯後に引退を表明するのではないかとの憶測もあるようです。年齢的に力も衰えてきていますし、代表も今回が最後だと思われるのでこのW杯を最後に引退を考えていても不思議ではないですね。

日本代表はW杯で惨敗する可能性が高いと思いますので、そのときに批判を避けるために本田圭佑選手が引退発表をするという可能性もあるかもしれませんね。いろんな状況を考慮するとロシアW杯後の引退表明の可能性はありそうですね。

Sponsored Link

本田圭佑は引退後何をする?

本田圭佑選手は現在も選手と経営者の二足のわらじでビジネスを展開しています。

もともとサッカーだけにこだわるつもりはなく、ビジネスをどんどん展開する意欲があるということで、引退後は実業家として活動していくのではないかと言われているようです。週刊誌の報道によると仮想通貨事業にも興味ももっているのではないかと言われているそうです。

 香川真司は下手くそで実力も低い?不調の理由は怪我の影響?

ほかにも貧困や教育格差など世界的な問題にも関心を持っているみたいですし、そうした慈善活動とかをやっていく可能性もありそうです。

中田英寿選手がW杯の直後に引退表明したように本田圭佑選手もW杯後に引退する可能性は意外と高いかもしれませんね。ロシアW杯がどうなるのか本田圭佑選手の去就も含めて注目していきたいとおもいます。

 - スポーツ , , , ,