コインチェックの社員数や平均年齢、収入は?内部犯の可能性は?

出川哲朗さんのCMでもおなじみのコインチェック。ビットコインなどの仮想通貨を取り扱う会社ですが、2018年1月26日に約580億円分の仮想通貨が流出したということで大きな問題になっています。

去年の年末くらいから出川哲朗さんのCMがめちゃくちゃ流れていましたし、こうしたCMに触発されて取引口座を開設した方も多いのではないでしょうか。

私もちょっと興味が湧いたのですが、お金がなかったので口座の開設はしませんでした。コインチェックは一体どんな会社なのでしょうか。

Sponsored Link

コインチェックの社員数や平均年齢、収入は?そもそも事件の概要は?

事件が起きたのは26日の昼間で謎のアカウントに対して仮想通貨「NEM(ネム)」が大量に流出してしまいました。この数時間後にコインチェックで預かるすべての仮想通貨の出金が停止されました。

コインチェックの社長である和田晃一良氏が26日の会見を開いていていて、それをみたのですが、完全にやっちゃたという感じの表情でした。

580億円という大金が流出したということでかなり厳しい状況にあることは間違いないようです。顧客の資産の保全を最優先にするとしているものの、現状ではかなり厳しいという見方が多いようです。

すでにほかの口座に流出してしまって、追跡も厳しいようですし、お客さんの資産もなくなってしまっているようです。実際に日本円を含めた出金を停止したそうですし、預けているお金も引き出せない状態になっているようです。

まあそれはそうでしょうね。出金を許したらすぐにお金が尽きてしまって倒産になりますし、なんとか引き延ばそうとしている状況のようです。

コインチェックの出川哲朗さんのCMはいつから放送していたのか気になって調べてみたところ2017年12月08日から放送していたそうです。このCMを見て始めた人はビットコインも暴落するし、かなりダメージが大きいのではないでしょうか。

和田晃一良 コインチェック

コインチェックの社員数や平均年齢、収入は?会社の創業時期は?

コインチェックはゴールデンタイムも含めてCMを頻繁に繰り返ししていたし、けっこう規模が大きくてしっかりした会社なのかと思っていたのですが、どうやらそうでもないみたいです。

代表者の和田晃一良氏は現在27歳で、2012年にレジュプレス(後のコインチェック)を創業したそうです。2014年の11月からビットコイン取引所「Coincheck Exchange」の提供開始をしたそうです。

ということはビットコイン事業の開始から3年ちょっとくらいという感じですね。

公式サイトを見ると従業員数は71人で平均年齢が28歳とのことです。平均年齢が28歳というのはかなり若いですね。

ネット上では大学生の集まりみたいな感じと揶揄する声もあるみたいです。こういう人に大金を預ける気がしれないという意見もありました。

従業員の収入がどのくらいなのかは分かりませんでしたが、450万から900万円で求人をだしていたのでだいたいこのくらいかもしれませんね。

WEBエンジニアだと最大で900万円くらいで求人を出していたようなので、現在の従業員も最大でこのくらい貰っている可能性もありそうです。

Sponsored Link

コインチェックの社員数や平均年齢、収入は?内部犯の可能性は?

ネット上では内部犯による可能性もあるのではないかという意見もあるみたいです。コインチェック側は内部の犯行説に対して、「そのような事実は確認されていない」と否定しているそうです。

原因は確認中ということなのでなんとも言えないみたいですが、可能性は低いかもしれませんね。やっぱり中華系とか北朝鮮とかのハッカーという可能性が高いのでしょうかね。

今回のコインチェックの仮想通貨流出はいろいろ影響が大きそうですね。最悪のケースでは顧客のお金がぜんぜん戻らないということもありそうだし、預けている人にとっては本当に最悪の事態でしょうね。

こういったビットコイン取引所の危険性については、いろんな人が警鐘をならしていたみたいですね。2chを創設した西村博之さんとかもセキュリティが大変ということを話していて世界中のハッカーと戦うのは無理とか話していたそうです。

一部の有識者にとっては起こるべくして起こったという感じなのかもしれませんね。コインチェック騒動はまだしばらく続きそうですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。