立浪和義が殿堂入りできない理由は悪い噂?監督になれない理由もある?

   

平成30年度の野球殿堂入りを発表しましたが、そこに立浪和義さんの名前はありませんでした。毎年有力な候補と言われているそうですが、なかなか選出されないそうですが理由とはあるのでしょうかね。

実は立浪和義さんには悪い噂というのもあるようです。そういうのが影響しているという可能性があるのかも。立浪和義さんが殿堂入りできない理由や殿堂入りとはそもそもどんなものか紹介していきます。

Sponsored Link

立浪和義が殿堂入りできない理由とは? そもそも殿堂入りとは?

平成30年度の野球殿堂入りは松井秀喜さんとか原辰徳さんとかが選出されて殿堂入りを果たしました。

プロ野球殿堂入りにはいくつか種類があって、プレーヤー部門とエキスパート部門、アマチュアの特別表彰部門があります。

プレーヤー部門は現役時代にいい成績を残した選手に送られることが多く、エキスパート部門は監督やコーチ、審判として成績が良かった人に送られる賞となっています。

プレーヤー部門の選出は野球報道に関して15年以上の経験を持つ者と決められていて主に記者の方に投票権があるそうです。

 飯作雄太郎の空手の成績や経歴は?東京五輪の有力候補?俳優業は…

ただ、こうした投票については以前から賛否両論あるようです。

純粋に記者が成績のみを判断材料にしているとは思われないことも過去にはありました。

たとえば、三冠王も獲得したことがある落合博満さんはすんなり一発で殿堂入りするかと思われていましたが、殿堂入りするまでに4年もかかったそうです。

落合博満さんは記者への対応がぶっきらぼうであまり好かれていなかったのでこうした結果に繋がったのではないかと言われています。

立浪和義さんの場合、こうしたマスコミなどの評判はどうなのでしょうか?

立浪和義 殿堂入り 黒い噂

立浪和義が殿堂入りできない理由とは?成績が十分でない?

立浪和義さんが殿堂入りできないのは成績なのかなと思って調べてみました。

現役時代の通算打撃成績は次のとおりです。

2586試合 8716打数 1175得点 2480安打 487二塁打 38三塁打 171本塁打

これをみるとかなりいい数字ですよね。2000本安打も達成していますし、新人王やゴールデングラブ賞、サイクルヒットなども達成していますし、名選手であることに間違いないと思います。

二塁打の通算記録も1位ですし立派な成績ですよね。

成績的にはほかの名選手と遜色がないですが、なぜ殿堂入りするまでに時間がかかっていて、なかなか殿堂入りできないのでしょうかね?

検索してみるといろいろ悪いうわさというのがあって、それが影響しているのではないかと言われているそうです。

Sponsored Link

立浪和義が殿堂入りできない理由は黒い噂があるから?

立浪和義さんは実績、人気とも高く監督としても期待される声は大きいといわれています。

ドラゴンズ一筋で現役を終えた名選手ですし、監督になるのも近いのではないかと以前から言われていましたが、なかなかなれずに現在に至っていてます。

監督になれなかったり、殿堂入りできない理由としては黒い噂というのが指摘されています。

ネットや週刊誌の噂なので真偽は不明ですが、過去に複数の女性とのスキャンダルというのがあったそうです。

またスキャンダルがあった際にもみ消すために反社会的組織と関わりを持っていたのではないかと言われているそうです。

タレントの梅宮アンナさんとの不倫とかもあったそうですし、いろんなスキャンダルがあって表と裏の顔が全く違うそうです。

こういった悪い噂は球団関係者やマスコミの間で有名でこういう黒い噂があるので成績は十分ながらも野球殿堂入りがなかなかできないと言われているようです。

監督になれない理由もこうした素行が問題視されているのかもしれません。

とはいえ、殿堂入りについては徐々に得票数を増やしているようですし、来年や再来年には十分に殿堂入りする可能性はありそうです。原辰徳さんも黒い噂がありましたが今回殿堂入りしましたし、あんまり障壁はないかもしれませんね

また、監督についても立浪和義さんはまだ若いですし、可能性はあるのではないでしょうか。

 

 - スポーツ , , , , ,